出発まで

中国を旅することにきめたのはある日相方のたけだと部活前の休みに何をして遊ぶかについて話している時だった。

休みは5日ほど。
そして海外に出たかったのでアジアに絞られた。

・パンダが見たい

・万里の長城にいきたい

・中国語を話してみたい(相方のたけだっちは中国語劇で男優賞をとるほどの男優)

という3点をふまえ

北京に決定した。


海外経験があまりない僕なのでワクワクが止まらなかった。

まずパスポートだ。

これは毎回みせるものなのでいい顔でうつりたい。

”よし、美容院だ。いい顔になって写ろう”と決めた。

コードブルーの山Pの髪形がいかすと思ったから美容院で


”コードブルーの山Pにしてください”

と、勇気をだして美容院さんに伝えた。


若干イメージとちがった。まじか。


まあいいか。

パスポート獲得。

これにいまからたくさんスタンプ押されるのか~と考えるとテンションが上がった。





<前夜>

おれとたけだは寝れなかった。

ウイイレとぷよぷよが盛り上がってしまったからだ。

中国への冒険を前に完徹

爆睡のおれとたけだを関空行きのバスが運ぶ。

ということで中国男2人旅の始まりです。


kankuu2.jpg






北京到着!トイレの水は流れません


飛行機も爆睡。

そしてついに北京上陸である。


独特の乾燥した空気を感じた。


”外国”って感じが心地よかった。


ホテルまで車で送ってもらい、今のところ順調。

ホテルの部屋はこんな感じです。

hoterudayo.jpg

センスが良いとはとてもいえないけどまあ普通。すっごい普通。

A「まあいいホテルなんじゃね?」
T「そうだな・・・・」




数分後




T「あつきっ!!」
A「ん??」




「トイレの水流れん!!!!」




A「いーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」



まじか。



とりあえずたけちゃんの辞書で「トイレの水流れません」を探す。

そしてフロントへいって



「トイレの水が流れません」

と告げた。


たぶん意思は通じたのであろう。
部屋みにきてなんかしたら水流れた。

一件落着。


トイレの水も流れたことだしちょっと散策でもしようか!

いざ街へ!







1、中国人の人”たん”すっごく吐く

2、信号あってないようなもん。信号無視普通。命がけで道路を渡れ。

3、殺風景



というのが北京の街の感想。

ちょっと中心から離れていたからかあんまり見る場所なかった。


ちょっくらローカルの生活に触れようと近くのスーパーへ入った。

鼻につーーーーーーーーーーーーーーんとするにおいがした。

なんか漢方とか薬系の。
うう。


とりあえずこれはきっと遊べるだろうと”ゴムボール”を購入して帰った。


そしてその晩、

”スリッパでそのゴムボールをテニスみたいにうつ遊び”
で盛り上がった。

北京きてなにやってんだ俺たちはw

いやいや明日は「万里の長城」!!!!

早めに寝てコンディションを整える


<続く>

万里の長城で酸欠

北京2日目。


今日は・・・・・・




「万里の長城」


高校のとき世界史の便覧にでっかくのってたあの「万里の長城」

朝からテンション高めの二人。


朝ごはんは中華ブッフェ


しかしやはり漢方っぽい、薬膳っぽい味がする



バーミアンのほうが百倍うまい。


贅沢も言っていられないので”薬膳ブッフェ”でエネルギーを補給し万里の長城に向かった


万里だけはオプショナルツアーに参加

といっても参加者はたけだとおれだけ。

ホテルの前でピックアップしてもらい出発





1時間後・・・















banr.jpg


イエーイ。


「万里の長城」







・・・・・・・圧巻





果てしなく続く城壁。

これを明代に人が作ったとは・・・・信じられない。

人ってすごい。


興奮しまくりの僕たち。

朝早かったせいもあって人はほとんどいない。

予想以上に険しく、上っていると息が切れてくるくらいだった。


しかしこの万里の急坂は僕らにあることを思い出させた。

高校ン時の野球部の冬練

来る日も来る日も坂を登りまくり足腰をいじめぬいたあの青春・・・・・



坊主だった髪ものびまくり、少し体力の衰えさえ感じる今日この頃・・・



二人は決意した。


高校のころに戻るぞ



坂道ダッシュ @万里の長城


合図とともに二人は走り出した。


万里の長城の上を。

張り裂けそうなモモ筋。

息切れ。

気持ちは高校球児

しかし体は限界をむかえ

酸欠 @万里の長城


はしゃぎすぎた。


貴重な文化財の上ではしゃぐこと自体場違いだった。反省。

秦の始皇帝さん、すみませんでした。



疲れた体で万里の長城を後にした。



続く




パンダと対面 北京動物園


万里あとはパンダに会いに北京動物園へ行った。




動物園にたけだと二人。

少しせつなさを感じつつ、男二人の動物園デートが始まった。


珍しい動物がわんさかいてだいぶ楽しめた。



そしておまちかねのパンダ・・・・・












panda.jpg




可愛すぎだろ

笹をうまそうに食べるワンパクなパンダ。



”あいくるしい”と辞書をひいたら百パーあなたがでてくるよ、パンダ。


そういえばわざわざ中国こんでも王子動物園とかでもパンダみれるよな・・・・














いや、中国でパンダに会うことが意味があるんだ。うん。

















羽根蹴りじいちゃん

3日目。

今日は天安門広場。


再び薬膳ブッフェで腹を満たし、いざ毛沢東のもとへ



















天安門広場・・・




広い。



何校が一斉に学校集会を開けることだろう・・・


写真でもとろうかということで中国語で頼んでみることにした。

これまででたけだにはタクシー乗る時や、チケット買うときやらで中国語で助けてもらっていた。

今度はおれが・・・・・(一応大学での第二言語中国語)

たけだに確かめて「写真撮ってくれませんか?」をマスター。

どっからどうみても中国人のひと発見!!!


おれの中国語はどこまで通用するんだ


いざ出陣!!!!









A「チンニンゲイウォメン」 (私たちの写真を・・・・・)




















無視された。



まじか。



通じるとか以前に無視された。まじか。



A「たけだ、無視された・・・」

T「うん。無視されたな・・・」

A「中国語間違ってたかな?」

T「いや中国語とかの問題じゃねえよ。たぶん」



ブロウクンハートのおれの代わりにたけだっちが写真を頼み(無視されなかった)
なんとか撮ってもらった。











tennan.jpg



毛沢東さんもおられます。

moutaku.jpg

ものすごい威厳を放ってる





その後王宮見学。


「ムーランみたいだムーラみたいだ」とたけだが騒いでいたけど


おれはムーランがなにかわからなかった。


ひととおり見てから近くの公園で休憩することに。



そしてここ「景山公園」で思いもよらぬ光景を目にする。





おじいちゃん達が何か分からんけど羽根つきの羽根みたいなもんを蹴って遊んでるー!!!




なんじゃあれは・・・・・いやなんでもいいけどあれ・・・・




やってみたい


これこれ↓

hanetuki.jpg

こんな風に遊びます。

hanetuki2.jpg


驚くべきはやってる人がおじいちゃん、おばあちゃんだけで

かなりアクティブ。ガチ。


近くで売っていたので即購入。

さっそくやってみる。












むずい。





でも楽しい。

夢中になった。

時間を忘れ”足は羽根つき”に没頭する @景山公園

俺たちは目標を掲げた。

「往復で10回決めたら、今日の飯焼き肉にしよう。」


やる気マックス。



しかし1時間たっても達成できず・・・・


自分たちで決めた目標が遠い・・・・・


何度か休憩をとり日も暮れてきた。


完全に上達してきた俺たちはコンスタントに「5回」はできるようになってきて


ついに・・・







達成・・・・・








焼き肉直行


達成感とともに満足感にも浸り昼間中国人に無視されたこともわすれ幸せな気分でベットに入った。









Profile

kimamatabi

Author:kimamatabi
旅のあしあと

【2009年 夏】 
モンゴルで自然の中で野生的な生活をして少し生命力が上がる。
モンゴル相撲で小学生にぼろ負け。人生は初の野ぐそ体験。

【2010 冬】
タイで憧れのバックパッカーデビューを果たす。
相方のたつろーとともに数々の初体験をこなしバックパッカーとしてのレベルを上げる。旅の魅力にとりつかれる。

【2010 春】
一年間の海外留学INカナダ
世界中にお友達を作るため海を渡って海外生活。
大きく価値観が揺さぶられる刺激のある毎日を過ごす。

【2010 冬】
カナダの学校を卒業後、南米6カ国を放浪。
2ヶ月という期間の自己新記録の一人旅。
冒険心を燃やし数々のネタをこしらえる。


【2011年 夏】
湘南から無一文で富士山のテッペンを目指す「富士バカ」に参戦!バカな仲間と一緒に全員で登頂を達成!

【2011 夏 9月】
インドへ乗り込む。ペテン師大国インドで力試し。拉致体験。ヨガ体験。超刺激的インドで喜怒哀楽爆発。



たった一度の人生をオモシロク生きたい
そうだ、旅でもしてみよう。

旅は学校。大切なことを確認できる時もあれば、考えを見つめ直すこともある。

旅は出会い。人の数だけ人生がある。いろんな人生を知る度にこれから歩む自分の道に思いを巡らす。

旅はネタ。世界はツッコミどころに満ちている。オモシロオカシク。いつまでもバカになれる男になりたい。一生青春。



「バカ」なことをたくさんしたい。





感想・意見はこちらから!
atsuki051139@gmail.com
人気ブログランキングへ

Category
FC2 Counter
つぶやき
☆☆☆☆旅人おすすめ文庫☆☆☆☆

WORLD JOURNEY

新品価格
¥1,470から
(2010/11/20 11:54時点)

☆この本を手にとって旅にチャレンジしたいと思った自分の中の衝撃作!世界一周してみたくなります。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

新品価格
¥420から
(2010/11/20 12:00時点)

☆旅の魅力をこれほど鮮やかに言語化できる人おらんでしょ?!バックパッカー必見本!

人生の地図

新品価格
¥1,470から
(2010/11/20 12:02時点)

☆心に響く言葉がたくさん!人生の突破口が開ける脳ミソにズカンとくる一冊

アジアン・ジャパニーズ

中古価格
¥1から
(2010/11/20 12:03時点)

☆90年代バックパッカー達は何を思い旅に出たのか!?ガムシャラに生き抜いた旅人の人間ドラマがここに!

感動が共感に変わる!

新品価格
¥1,470から
(2010/11/20 12:20時点)

☆地球探検隊・中村隊長の著書。隊長と地球探検隊の魅力が満載。夢を見つけて成功する秘訣とは・・・

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかも

新品価格
¥1,260から
(2010/11/20 12:30時点)

☆秀逸した笑いのセンス。これほど笑った旅行記はない。楽しく旅する秘訣はネタに走ることだと教えてくれた一冊。      ☆二十歳の大学生の視点が自分と重なり新鮮だった!真っ直ぐな思いが胸に突き刺さる。自分と同じくらいの年でしっかりと目的意識を持って旅をしていることに大いに刺激された1冊。大学生のみなさん、必見ですよー!