仕事観

CIMG8472.jpg

カナダでの生活にもすっかり慣れた8ヶ月目。
もうすぐ留学が終わるんだな・・とだんだん現実味を感じてきた今日この頃。


正直この1年 ”得る” ものが多いと同時に ”失った”ものも多い。

どういう意味やねんと言うと、失ったのは自分がずっと持ってた価値観。得たのは”新しい価値観”という意味で



いろんな国から来た、様々な文化的背景を持つ人と関わることで自分がいままで正しいと思っていたこととか、常識でしょって思ってたことが実は違う角度から見るとだまし絵のように全く違ったことが見えてくる感覚だった。

一つ例を挙げると「仕事」

初めて会った人に
「どんな仕事してるの?」と聞くと必ず職名で返事が来る。
日本だったら会社名で答えることが多い。
だけどカナダ人は会社よりも”職”にフォーカスを置いている印象を受けた。

それに学校でレジュメ(履歴書)を作る授業でレジュメのサンプルをたくさん見て練習することがあった時も、ほとんどの人が一つの会社でキャリア(経歴)が終わっていないことを知った。
カナダやアメリカではキャリアの充実のほうが評価の対象とされるかのよう。


「次はホスピタリティのキャリアが欲しかったから」


「教育の分野にも挑戦したかったから」


「新しいビジネスやってみたいんだよねー」



とか。”そんな簡単に変えちゃっていいわけ!?”と日本で20年以上育ってきた俺はそう思った。

でもみんな自身のキャリアについて語るときは目を輝かせていた。
年齢関係なくチャレンジ精神をビンビン感じたし、生き方熱い。
アート作品を作るかのように自分の好きな人生を自分の好きな色で作っていく。そんなイメージが自分にはぴったり合った。




思えば自分は自分の将来について自分としっかり向き合って本気で考えたことはないかもしれない。
中学の時は周囲が勉強をがんばり始めたから当然のように自分もがんばってみた。良い順位とれば親は喜んでくれるし、友達にもちょっと自慢できた。あのときは「なんで勉強しなきゃいけないの?」と疑問を持つことはなかった。先生が「良い高校に入るためだよ」という答えを用意してくれたから。

そこそこの高校に入ってまた周りに刺激されながら勉強をがんばって公立の大学にも運よく入れたけど大学の講義が全然面白くなくてがっかりした。熱のこもっていない授業、携帯を触ってる生徒を見て見ぬふりをして機械的にしゃべり続ける教授を見ていると、おれのこれまでの頑張りってなんだったの?って思ってまう。社会に出たあとに役に立つようなことは極めて少ない。よっぽどバイトとか読書とか旅とか人との出会いのほうが社会で出るときに役に立つだろうなと思う。


高校→大学→就活 というレールの上に乗っかって周りに流されて、社会の歯車に噛み合っていないといけないという感覚を無意識にもどこかに潜ませたまま生くていくことに疑問を持った。





もちろんそのレールの先にも”幸せな人生”があると思う。

だけどまたレールの外にもまた違った世界がある。それが自分の大きなショックだった。



日本で物事に疑問を持つことが少ないのはいろんな意味でシステム化しているからではないかなと思う。
安全に管理された「個」を見失いやすい空間。そんなイメージが頭によぎった。







いまだにこういう生き方がしたい!っていう明確なビジョンは見えてないけど
自分の考えを見事なまでにぶっ壊してくれたバンクーバーで会った人々、さまざまな文化が混じり合うバンクーバーという街に大いに感謝したい。ここに来たから客観的に日本を見ることができたり、いろんな生き方の選択肢があることを知った。




でも日本が大好きだってことを確認できたことも事実であり、海外で仕事をすることにも興味があったけど将来は日本で勝負したいなと思う。



と、一通り好き勝手述べてみたものの、自分だってまだ人の意見、社会評価は気にしてしまう矛盾だらけの人間だけどこれからに人生でここが勝負!!って時が来たらせめてその時は、自分の信じて道を決めたい。
決断の正解、不正解は自分が決めることで、無理やりにでも正解だったって生き方をすればいいんだ。
最後は開き直って適当な締めだったけど自分の惚れるようなお仕事を早く見つけたい。



結自分が納得できる人生を送るために日々前進あるのみ



 



yell-1.jpg

であいのかけら編~アヴリルなんておらんかった~

CIMG8496.jpg

当然のことながら多人種多文化の街バンクーバー。たくさんの国籍の人と付き合うことになる。日常的な人との関わりの中で発見、気づきが多かった。

圧倒的な多数を占めるのがアジア人。我らが日本もその代表格でございます。
バンクーバーに来た初日。到着の余韻に浸っていると街中で日本語のシャワーを浴びせられテンションが下がったことはいまでもしっかり覚えている。
ほんとね、ダウンタウンにカナダ人とかほとんどおらんから。ここはカナダか?
アヴリル・ラヴィーンがカナダ出身だと聞いてたからすっかり期待で胸を膨らませてきたのに!!泣 金髪美女はどこ!?妖精のような白い肌は!!??

いまからバンクーバーで英語がんばるぞォという諸君、アヴリルばりの美女なんておらんよ。そんな夢みるもんじゃない。ちゃんとその事実と向き合っていこう!!アヴリルなしで楽しもうよ!!!!!留学をさ!!


発想の転換を図りおれはご近所付き合い(アジアの国同士)に励むことにした。
ここからはあくまで個人的な観点から思ったことをべらべらと書きますので許してください




自分としては台湾人の人が一番日本人に感性が似ている気がする。
会った人、友達ほとんど、てか全員に好感が持てた。表情が豊かで驚くほどフレンドリーって印象。
台湾人同士の男女の仲も良くノリがいいやつがめっちゃおった。そんなにたくさん友達がいるわけじゃないけど良い奴率は間違いなくNo1でした。完全なる独断によるものだけどね☆


K-POPブームが巻き起こっている(らしいですな)日本。一番ご近所というイメージが近い韓国。学校の友達は一番韓国の子が多かった。気になったのが男女の関係であった。韓国人同士が付き合うとなぜか彼氏が彼女に尽くし彼女がお嬢様のごとく振る舞うという図になる。これもおれが見たものによるから逆もあるんだろうけど圧倒的に韓国男児が彼女のためにがんばっていました。ちょっと同情しちゃったぞ韓国男児☆
たしかに韓国の女性は綺麗な人が多かったけどちょっとしたことで不機嫌になることが度々・・・って感じでしたわ。プライドが高そう。普段は優しいんだけどなぁ。韓国の男友達に聞いた話によると、今韓国男児の中で日本人の彼女を作るのがにわかブーム(ほんとかはしらん)らしい。日本の女性は優しくていいよね~!と言われたことがあった。う~ん、おれも韓国の女性と付き合う自信はない(←日本の女性もいないおれの言うことじゃないっすよね)

あっ、ちなみに韓国、日本のAVが大人気です!完全に国境越えてます!ある日友達に「the world largest porn industry japan!」(世界屈指のAV大国)といわれたけど全くうれしくなかったよね。そんなかっこいい言い方でAVを褒めるな!!!誇るべきもんじゃねぇわ!!

と、まあいろいろ書きつつ、また会いたい友達が韓国にたくさんいる。本気出せば週末にでもいけることだし近いうちに会いに行きたいな!


そいて人口No1のアジアのリーダーのような存在になり、尖閣さんでもめておる中国から来ている人もたっくさんいます。
私ごとですが中国人の女の子となにかしらあったとかなかったとかですね。はい。日本帰ったらまた詳しく話します。はい。
 

中国人の友達とも遊ぶ機会が何度かあった。どうしても彼らは中国語で話し始める傾向があり、あまりにも彼らで盛り上がっちゃって素直に楽しめず悩んだことがあるのも事実だけど、悪い人はいなかったかな。


最初は表情が硬く、ぶっきらぼうな態度に馴染みにくかったけど一度心を開いてくれると全然いいやつじゃん!ってパターンが多かった。日本人含む外国人からはあまりいい印象は持たれていないのが現状で偏見を持ってしまいがちだけどいいやつもちゃんといます!!
一人や二人くらいこいつとは仲良くなれんわ・・・って思うこともあったよ!妙にプライドが高くて、絶対的に自分が正しいと思っているような強い態度をする人が苦手だったし;どうしても好きになれないって思う人もいた!

でもでも少しでも相手をわかろうとする第1歩が大事だ!って割り切って中国人の友達ともいい関係が築けたんじゃなかなと自己満している。
歴史や外交で若干シリアスな空気が流れることもあったけど外交とかの問題で個人と個人の関係に影響するなんてアホらしい。人間関係に国籍とか関係ないはずだもん。




以上がおれのご近所付き合いレポートでした。
もちろんアジアの国以外にも世界中に友達の輪を広げることができた。この友達の輪はおれの将来を通してたからものになることだろう。



留学中の一年間、数え切れぬほどの出会いと別れを繰り返したた。正直中にはもう一生会えない人もいるだろうな。人と人との出会いがとても尊く感じるようになった。使い古された言い回しだけどこの時、この場所にいなかったらあの人に会うこともなかったと思うと、出会いの偶然性、必然性という手の言葉が急に身近に感じるよね。(改めて書いてみるよクサイセリフだ)中島みゆきの「糸」理論的なさ。 
でもこうやって会ったんだから少しでもわかりあいたいし、わかりあう努力をしていきたいな。 




自分の人生がかけがえのないように、また他人の人生もかけがえない。人を理解するということはその人の人生を知ることだ。





この言葉を人付き合いのうえで大切にしていきたい。
できる限り人を尊重して、その人にとっての大事なものを理解できる大人な考え方をできる人になりたい。偏見ももったら良くないだろう。



それからもうひとつ絶対しうなくてはいけないなと思うのは繋がっていくことだ。
必ずもう一度会おうと約束した人。おれはそれを形だけの約束にしたくない。何年あとになるかわかんないけど、必ず会いたいと思う人のもとには会いに行きたい。会いたい人に会うためだけに旅行しても良いな~場所じゃなくて人で目的地決めたりして。世界旅行する時にゃあ泊めてもらえば宿代が浮くしね☆(←せこい)

留学中によく聞いていたケツメイシの「出会いのかけら」とともに今回の締めということで♪



    「出会いのかけら」 

巡り合いの中で生きてく また人を少し好きになる
        
喜びや悲しみさえ全て 自分の事と受け入れたなら

恵、愛の中で生きてく 逃げずに自分のことも好きになっていく

出会いも別れも乗り越えた 君はもう一人じゃないよ ずっと 永遠に





そういえば最近ケツメイシ聞いてなかったなという方はこちらにクリック!

CIMG8514.jpg









私の思うこれからの旅行業界キーワード

CIMG8483.jpg


カナダで何をしていたか?
観光業を勉強していた。


自分は大学では外国語学部英米学科。もう少し将来役に立ちそうな、英語+α的なものが欲しかったから英語を使ってなにか学びたいと思い当たった。そこでピカーーン!とひらめいたのが観光である。

個人的に“旅”は好きだ。
そして社会にでて社会貢献するなら自分の好きなことを通してが良いなと考えている。
旅を通して人の喜ばせたら素晴らしいなと真面目ぶったことだけどそんな漠然とした思いを抱きつつカナダに乗り込んだ。Tourismを学べるコミュニティカレッジに入った。



正直勉強は大変だった。授業は速いし、てかたまに何いっとるかさえわからんし、いいたいこともいえずにーってこともあったし、テンパったし、とくに最初の1、2カ月は楽しむ余裕がなかった。
しかし、いったん要領をつかんでからは授業が楽しくなってきた。内容が好奇心をかき立てるものばかりであったからだ。世界中の観光スポットを覚えたり、国別にプロモーションのプレゼンをしたり、観光産業のお金の流れを勉強したりーっと自分が知りたいと思っていたことが盛り込まれた授業だった。



そこで「お前カナダで何を学んできたんだ?」と言われる前にこんなことしていたよとささやかながらアピールしておくためにキーワードをピックアップして私の思うこれからの旅行業界をペラペラと語ってみたいと思う。




これからのつあーりずむ①  『エコツアーリズム』

エコツアーリズムとはなんぞいやというと自然の生態系や歴史的、文化的な背景を持つ環境の保護とツアーリズムを一緒にやってしまおいという一石二鳥の劇的なアイディアだ


例を挙げると、コスタリカの国立公園のジャングル体験エクアドルのガラパゴス諸島での秘境体験などの自然保護。アフリカの民族の集落訪問ニュージーランド、マオリ族の文化体験の文化保護。



環境問題や文化保護が問題になっている今、観光産業がそれらの問題に貢献しよう!そして同時に観光産業の促進もはかろうというのがポイント。未来に残しておくべき文化的、歴史的価値があるものを守ることにツアーリズムが貢献していることに気が付き感動した。











これからのツアーリズム②     『少人数制アドベンチャーツアー』




“冒険心”“好奇心”を掻き立て、人との出会い、発見に満ちた新しいタイプのツアーが少人数制のツアー。

多国籍ツアーという世界各地から集まった仲間との旅を送り出している会社がある。
主にアメリカ横断など北米を中心としたTrek America, 現地の生活に染まって五感刺激をウリにしているIntrepid Tour  ヨーロッパを中心にミニバンを貸し切って駆け回る Contiki Tour などなど。


「人生を変える旅」という旅,はこういう形態の旅ではないかと思う。
世界中から集まる人とのかかわりの中で自分の知らない世界があって現地の生活に染まることで物の見方が変わり常識が覆される。自分は少人数制アドベンチャーツアーは人を元気にする力があると思う。学級委員も生徒会長も部活のキャプテンもやったことのないおれだけどこの少人数制のツアーのリーダーになって仲間をガイドして探検したりする仕事も魅力的でやりがいがありそうだなぁと考えたりもした。












これからのつあーりずむ③     『シニア様』




団塊世代ベビーブーマーとよばれる世代が最近ぞくぞくと引退する時を迎えている。
つまり!これは何を意味するかと言うと、旅行に行く60代、70代の人が増えるということ!
高齢者をターゲットにした旅行も伸びていくのではないかという動きがみられているのだ。

あまり負担のかからない旅をしたいというニーズが増える。それに安心感を与えるサービス、ストレスフリーな旅行環境作りがとっても大事だ。世の中の動きを読んでビジネスを考えることの重要性を学んだ気がした。







ほかにもたくさん興味を引く内容があったけどこれからキーワードになりうるなと感じたのはこの3点だった。
どの業界も世の中の動きを常にチェックということですな~

嗚呼、将来どんな職の就くのだろう?
CIMG8468.jpg


(Like!!)


ご閲覧ありがとうございました^^







旅の終焉(3)~空港にて~

DSCF8313.jpg






ついにバンクーバーを去る日が来ました。

11ヶ月ぶりの日本。出発した時は長く感じたけどあっちゅう間だった。
それだけ充実してたってことだな。うん。

昨日ホームステイ先に最後にあいさつをして帰りのバスに乗ったときにいよいよカナダを去るということの実感がわいてきた。






最初はアウェイな状況が多く右も左もわからなかったけど、およそ1年後にいざ出て行くときになると自分の居場所を去るような気分になるのは不思議な感覚ですね。






一番うれしかったことは世界中に友達ができたこと。アウェイな状況をホームに変えられたのは友達のおかげ!改めて自分のすばらしい人に出会うに感謝!













いまは難しいことは置いといて日本に帰国する喜びをかみしめています。

はやく湯船に浸かりたい。コロの散歩に行きたい。納豆が食べたい。録画したガキ使が見たい。

あー。帰りてー。


日本の地を踏んだ時、自分がどう感じるかも楽しみだ!









あっあとこのブログですけど頻度を落ちるといえどまだ更新していくのでどうかよろしくおねがいします。100パーセント自己満足のためにと割り切って始めたけどアクセスが1000超えるなんてうれしいです。また旅行もしていきます。







それでは日本で!  フルオブラブ!!toマイフレンド          



 2011・1・31 @バンクーバーエアーポート


DSCF8307.jpg



Profile

kimamatabi

Author:kimamatabi
旅のあしあと

【2009年 夏】 
モンゴルで自然の中で野生的な生活をして少し生命力が上がる。
モンゴル相撲で小学生にぼろ負け。人生は初の野ぐそ体験。

【2010 冬】
タイで憧れのバックパッカーデビューを果たす。
相方のたつろーとともに数々の初体験をこなしバックパッカーとしてのレベルを上げる。旅の魅力にとりつかれる。

【2010 春】
一年間の海外留学INカナダ
世界中にお友達を作るため海を渡って海外生活。
大きく価値観が揺さぶられる刺激のある毎日を過ごす。

【2010 冬】
カナダの学校を卒業後、南米6カ国を放浪。
2ヶ月という期間の自己新記録の一人旅。
冒険心を燃やし数々のネタをこしらえる。


【2011年 夏】
湘南から無一文で富士山のテッペンを目指す「富士バカ」に参戦!バカな仲間と一緒に全員で登頂を達成!

【2011 夏 9月】
インドへ乗り込む。ペテン師大国インドで力試し。拉致体験。ヨガ体験。超刺激的インドで喜怒哀楽爆発。



たった一度の人生をオモシロク生きたい
そうだ、旅でもしてみよう。

旅は学校。大切なことを確認できる時もあれば、考えを見つめ直すこともある。

旅は出会い。人の数だけ人生がある。いろんな人生を知る度にこれから歩む自分の道に思いを巡らす。

旅はネタ。世界はツッコミどころに満ちている。オモシロオカシク。いつまでもバカになれる男になりたい。一生青春。



「バカ」なことをたくさんしたい。





感想・意見はこちらから!
atsuki051139@gmail.com
人気ブログランキングへ

Category
FC2 Counter
つぶやき
☆☆☆☆旅人おすすめ文庫☆☆☆☆

WORLD JOURNEY

新品価格
¥1,470から
(2010/11/20 11:54時点)

☆この本を手にとって旅にチャレンジしたいと思った自分の中の衝撃作!世界一周してみたくなります。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

新品価格
¥420から
(2010/11/20 12:00時点)

☆旅の魅力をこれほど鮮やかに言語化できる人おらんでしょ?!バックパッカー必見本!

人生の地図

新品価格
¥1,470から
(2010/11/20 12:02時点)

☆心に響く言葉がたくさん!人生の突破口が開ける脳ミソにズカンとくる一冊

アジアン・ジャパニーズ

中古価格
¥1から
(2010/11/20 12:03時点)

☆90年代バックパッカー達は何を思い旅に出たのか!?ガムシャラに生き抜いた旅人の人間ドラマがここに!

感動が共感に変わる!

新品価格
¥1,470から
(2010/11/20 12:20時点)

☆地球探検隊・中村隊長の著書。隊長と地球探検隊の魅力が満載。夢を見つけて成功する秘訣とは・・・

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかも

新品価格
¥1,260から
(2010/11/20 12:30時点)

☆秀逸した笑いのセンス。これほど笑った旅行記はない。楽しく旅する秘訣はネタに走ることだと教えてくれた一冊。      ☆二十歳の大学生の視点が自分と重なり新鮮だった!真っ直ぐな思いが胸に突き刺さる。自分と同じくらいの年でしっかりと目的意識を持って旅をしていることに大いに刺激された1冊。大学生のみなさん、必見ですよー!