私の思うこれからの旅行業界キーワード

CIMG8483.jpg


カナダで何をしていたか?
観光業を勉強していた。


自分は大学では外国語学部英米学科。もう少し将来役に立ちそうな、英語+α的なものが欲しかったから英語を使ってなにか学びたいと思い当たった。そこでピカーーン!とひらめいたのが観光である。

個人的に“旅”は好きだ。
そして社会にでて社会貢献するなら自分の好きなことを通してが良いなと考えている。
旅を通して人の喜ばせたら素晴らしいなと真面目ぶったことだけどそんな漠然とした思いを抱きつつカナダに乗り込んだ。Tourismを学べるコミュニティカレッジに入った。



正直勉強は大変だった。授業は速いし、てかたまに何いっとるかさえわからんし、いいたいこともいえずにーってこともあったし、テンパったし、とくに最初の1、2カ月は楽しむ余裕がなかった。
しかし、いったん要領をつかんでからは授業が楽しくなってきた。内容が好奇心をかき立てるものばかりであったからだ。世界中の観光スポットを覚えたり、国別にプロモーションのプレゼンをしたり、観光産業のお金の流れを勉強したりーっと自分が知りたいと思っていたことが盛り込まれた授業だった。



そこで「お前カナダで何を学んできたんだ?」と言われる前にこんなことしていたよとささやかながらアピールしておくためにキーワードをピックアップして私の思うこれからの旅行業界をペラペラと語ってみたいと思う。




これからのつあーりずむ①  『エコツアーリズム』

エコツアーリズムとはなんぞいやというと自然の生態系や歴史的、文化的な背景を持つ環境の保護とツアーリズムを一緒にやってしまおいという一石二鳥の劇的なアイディアだ


例を挙げると、コスタリカの国立公園のジャングル体験エクアドルのガラパゴス諸島での秘境体験などの自然保護。アフリカの民族の集落訪問ニュージーランド、マオリ族の文化体験の文化保護。



環境問題や文化保護が問題になっている今、観光産業がそれらの問題に貢献しよう!そして同時に観光産業の促進もはかろうというのがポイント。未来に残しておくべき文化的、歴史的価値があるものを守ることにツアーリズムが貢献していることに気が付き感動した。











これからのツアーリズム②     『少人数制アドベンチャーツアー』




“冒険心”“好奇心”を掻き立て、人との出会い、発見に満ちた新しいタイプのツアーが少人数制のツアー。

多国籍ツアーという世界各地から集まった仲間との旅を送り出している会社がある。
主にアメリカ横断など北米を中心としたTrek America, 現地の生活に染まって五感刺激をウリにしているIntrepid Tour  ヨーロッパを中心にミニバンを貸し切って駆け回る Contiki Tour などなど。


「人生を変える旅」という旅,はこういう形態の旅ではないかと思う。
世界中から集まる人とのかかわりの中で自分の知らない世界があって現地の生活に染まることで物の見方が変わり常識が覆される。自分は少人数制アドベンチャーツアーは人を元気にする力があると思う。学級委員も生徒会長も部活のキャプテンもやったことのないおれだけどこの少人数制のツアーのリーダーになって仲間をガイドして探検したりする仕事も魅力的でやりがいがありそうだなぁと考えたりもした。












これからのつあーりずむ③     『シニア様』




団塊世代ベビーブーマーとよばれる世代が最近ぞくぞくと引退する時を迎えている。
つまり!これは何を意味するかと言うと、旅行に行く60代、70代の人が増えるということ!
高齢者をターゲットにした旅行も伸びていくのではないかという動きがみられているのだ。

あまり負担のかからない旅をしたいというニーズが増える。それに安心感を与えるサービス、ストレスフリーな旅行環境作りがとっても大事だ。世の中の動きを読んでビジネスを考えることの重要性を学んだ気がした。







ほかにもたくさん興味を引く内容があったけどこれからキーワードになりうるなと感じたのはこの3点だった。
どの業界も世の中の動きを常にチェックということですな~

嗚呼、将来どんな職の就くのだろう?
CIMG8468.jpg


(Like!!)


ご閲覧ありがとうございました^^







Profile

kimamatabi

Author:kimamatabi
旅のあしあと

【2009年 夏】 
モンゴルで自然の中で野生的な生活をして少し生命力が上がる。
モンゴル相撲で小学生にぼろ負け。人生は初の野ぐそ体験。

【2010 冬】
タイで憧れのバックパッカーデビューを果たす。
相方のたつろーとともに数々の初体験をこなしバックパッカーとしてのレベルを上げる。旅の魅力にとりつかれる。

【2010 春】
一年間の海外留学INカナダ
世界中にお友達を作るため海を渡って海外生活。
大きく価値観が揺さぶられる刺激のある毎日を過ごす。

【2010 冬】
カナダの学校を卒業後、南米6カ国を放浪。
2ヶ月という期間の自己新記録の一人旅。
冒険心を燃やし数々のネタをこしらえる。


【2011年 夏】
湘南から無一文で富士山のテッペンを目指す「富士バカ」に参戦!バカな仲間と一緒に全員で登頂を達成!

【2011 夏 9月】
インドへ乗り込む。ペテン師大国インドで力試し。拉致体験。ヨガ体験。超刺激的インドで喜怒哀楽爆発。



たった一度の人生をオモシロク生きたい
そうだ、旅でもしてみよう。

旅は学校。大切なことを確認できる時もあれば、考えを見つめ直すこともある。

旅は出会い。人の数だけ人生がある。いろんな人生を知る度にこれから歩む自分の道に思いを巡らす。

旅はネタ。世界はツッコミどころに満ちている。オモシロオカシク。いつまでもバカになれる男になりたい。一生青春。



「バカ」なことをたくさんしたい。





感想・意見はこちらから!
atsuki051139@gmail.com
人気ブログランキングへ

Category
FC2 Counter
つぶやき
☆☆☆☆旅人おすすめ文庫☆☆☆☆

WORLD JOURNEY

新品価格
¥1,470から
(2010/11/20 11:54時点)

☆この本を手にとって旅にチャレンジしたいと思った自分の中の衝撃作!世界一周してみたくなります。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

新品価格
¥420から
(2010/11/20 12:00時点)

☆旅の魅力をこれほど鮮やかに言語化できる人おらんでしょ?!バックパッカー必見本!

人生の地図

新品価格
¥1,470から
(2010/11/20 12:02時点)

☆心に響く言葉がたくさん!人生の突破口が開ける脳ミソにズカンとくる一冊

アジアン・ジャパニーズ

中古価格
¥1から
(2010/11/20 12:03時点)

☆90年代バックパッカー達は何を思い旅に出たのか!?ガムシャラに生き抜いた旅人の人間ドラマがここに!

感動が共感に変わる!

新品価格
¥1,470から
(2010/11/20 12:20時点)

☆地球探検隊・中村隊長の著書。隊長と地球探検隊の魅力が満載。夢を見つけて成功する秘訣とは・・・

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかも

新品価格
¥1,260から
(2010/11/20 12:30時点)

☆秀逸した笑いのセンス。これほど笑った旅行記はない。楽しく旅する秘訣はネタに走ることだと教えてくれた一冊。      ☆二十歳の大学生の視点が自分と重なり新鮮だった!真っ直ぐな思いが胸に突き刺さる。自分と同じくらいの年でしっかりと目的意識を持って旅をしていることに大いに刺激された1冊。大学生のみなさん、必見ですよー!