A・YU・TA・YA2

歴史を感じながらアユタヤの旅は続く。


チャリでの移動もチェーンがたまに外れると言えどなかなか快適だ。

チャリこぐ











第二の遺跡へ行こうとするときに俺たちの道を阻むものが現われた。
































ゾウさん



ゾウさん。



悠々と道を横断するゾウさん。

腹立つほど歩行者への気配りがない。


しかも値段は度肝を抜かれるほどの破格300バーツ(900円)である。

高すぎる!!!!!(タイ感覚が身についてる)















第二の遺跡着。

第二の遺跡



第二の遺跡2














あやしい


んっ!?

これは建物の中に入れるのか!!??

これは探検隊のような気分になるしテンションがあがる

中にははたして何があるのだろうか?

聖杯だろうか、棺桶だろうか、

いや伝説の大蛇かもしれない!

インディージョーンズのBGMを自ら口ずさみ雰囲気作りに徹しながら奥へと進む。





!?






あれは!!















・・・・・・
















新おにぃプミポン国王!!
プミポン国王あげいん





プミポン国王・・・・

存在感恐るべし。

しかし遺跡の中のラストステージにまで出てくるとは完全に意表をつかれた


せっかくなので畏れ多いがプミポン国王と記念撮影をさせていただいた。









俺たちもプミポン国王のようにビッグになるぞと誓って遺跡を後にした。

ビックに







ランキングしてます(>_<)

Enviar un comentario

Secret

Profile

kimamatabi

Author:kimamatabi
旅のあしあと

【2009年 夏】 
モンゴルで自然の中で野生的な生活をして少し生命力が上がる。
モンゴル相撲で小学生にぼろ負け。人生は初の野ぐそ体験。

【2010 冬】
タイで憧れのバックパッカーデビューを果たす。
相方のたつろーとともに数々の初体験をこなしバックパッカーとしてのレベルを上げる。旅の魅力にとりつかれる。

【2010 春】
一年間の海外留学INカナダ
世界中にお友達を作るため海を渡って海外生活。
大きく価値観が揺さぶられる刺激のある毎日を過ごす。

【2010 冬】
カナダの学校を卒業後、南米6カ国を放浪。
2ヶ月という期間の自己新記録の一人旅。
冒険心を燃やし数々のネタをこしらえる。


【2011年 夏】
湘南から無一文で富士山のテッペンを目指す「富士バカ」に参戦!バカな仲間と一緒に全員で登頂を達成!

【2011 夏 9月】
インドへ乗り込む。ペテン師大国インドで力試し。拉致体験。ヨガ体験。超刺激的インドで喜怒哀楽爆発。



たった一度の人生をオモシロク生きたい
そうだ、旅でもしてみよう。

旅は学校。大切なことを確認できる時もあれば、考えを見つめ直すこともある。

旅は出会い。人の数だけ人生がある。いろんな人生を知る度にこれから歩む自分の道に思いを巡らす。

旅はネタ。世界はツッコミどころに満ちている。オモシロオカシク。いつまでもバカになれる男になりたい。一生青春。



「バカ」なことをたくさんしたい。





感想・意見はこちらから!
atsuki051139@gmail.com
人気ブログランキングへ

Category
FC2 Counter
つぶやき
☆☆☆☆旅人おすすめ文庫☆☆☆☆

WORLD JOURNEY

新品価格
¥1,470から
(2010/11/20 11:54時点)

☆この本を手にとって旅にチャレンジしたいと思った自分の中の衝撃作!世界一周してみたくなります。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

新品価格
¥420から
(2010/11/20 12:00時点)

☆旅の魅力をこれほど鮮やかに言語化できる人おらんでしょ?!バックパッカー必見本!

人生の地図

新品価格
¥1,470から
(2010/11/20 12:02時点)

☆心に響く言葉がたくさん!人生の突破口が開ける脳ミソにズカンとくる一冊

アジアン・ジャパニーズ

中古価格
¥1から
(2010/11/20 12:03時点)

☆90年代バックパッカー達は何を思い旅に出たのか!?ガムシャラに生き抜いた旅人の人間ドラマがここに!

感動が共感に変わる!

新品価格
¥1,470から
(2010/11/20 12:20時点)

☆地球探検隊・中村隊長の著書。隊長と地球探検隊の魅力が満載。夢を見つけて成功する秘訣とは・・・

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかも

新品価格
¥1,260から
(2010/11/20 12:30時点)

☆秀逸した笑いのセンス。これほど笑った旅行記はない。楽しく旅する秘訣はネタに走ることだと教えてくれた一冊。      ☆二十歳の大学生の視点が自分と重なり新鮮だった!真っ直ぐな思いが胸に突き刺さる。自分と同じくらいの年でしっかりと目的意識を持って旅をしていることに大いに刺激された1冊。大学生のみなさん、必見ですよー!