クスコまでの長い道のり~初めての22時間バス~


DSCF7027-1.jpg



リマを出てクスコに向かうには22時間バスに乗る必要がある。





旅をするものにとってはこのくらい日常の1コマレベルの些細なことなんだとは思うがなにしろ一番長く乗ったバスが日本国内の夜行バスくらいであり旅ステータスのしょぼい小僧にはかなりハードである。

これもまた成長過程。覚悟を決めてバスに乗る。




バスは思ったよりはるかに快適だった。リクライニングもできるし枕付き。
22時間が始まった。









スペイン語の映画にも飽きてきて退屈だなあと感じていた時、思いもよらぬものがバスガイドさんから手渡された。























DSCF7033.jpg


BINGO☆である。






バスでビンゴとは意表を突かれた。ビンゴなんて久しくやっていない。
子供会のクリスマスパーティーを思い出した。

おっ?ちょっとまてこれ・・・・













DSCF7035.jpg




誰かつかった後だろ?



一つ目の数字が読まれる前にもうべろんべろん
いちいち羽目なおさなければいけない。なんたるクオリティーの低さ。エコツアーリズムのつもりか?





中古のビンゴを配った後、ガイドさんが早速数字を読み上げ始める。

おれはなかなかのペースでふせぎ直した穴を空けていくが15分ほどたった時、一人の男がビンゴ!!と叫んだ。



しかし、ガイドの女性がなにかしら忠告をしたあとビンゴだったおとこは席に戻りまたガイドが数を読み始めた。忠告がスペイン語だったため何を言ったのかわからなかったが、もしや景品がないのではないか?という不安がよぎった。景品はなんとしても欲しい。









その後いくらか時間が経過したが不気味なほどビンゴを口にする者が出てこない。

実際おれもビンゴを達成したけど、恥ずかしくて小さい声で「あ、ビンゴ」と呟くだけに終わった。切ない。








40分くらい経った。もうこのビンゴの意義を見失っていたころ。一人の男が歓喜の声を挙げ後ろからガイドさんに向かって歩いて来た。






男のビンゴをチラ見したら、












お、おまん、、、、、穴が全部会いとるやんけぇーーー!!!!ww









・・・・・・・・・。ペルーのビンゴは全部穴を空けなきゃいかんのか!??




勝者には何が送られるか気になったので注意深く観察していたらまず、優勝者からスピーチが始まった。












スペイン語だったが予測による内容はこちらである:

「え~どーも。ビンゴ大会で優勝したアントニオです。優勝できると思ってなかったのでとてもうれしいです。ビンゴではなかなか勝てないんけどね、今日は運も味方して勝たせていただきました。グラシアス!」








パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ(乗客)













・・・



・・・・・・






・・・・・・・・・・・・






景品なしかよ!!!!!







どうやら優勝者に与えられたのは30秒スピーチする権利と、ビンゴ優勝という名誉だけだったらしい。

ガイドがまたビンゴを使い回すために回収して回り始めた




ビンゴ大会に対する疑問を残したまま眠りにつき、ついに念願のクスコについた。




DSCF7045.jpg

3600mの標高に位置するクスコ。空が近い!




DSCF7050-1.jpg

イケてる路地がいっぱい。散歩は飽きない。



DSCF7054-1.jpg

憩いの場・アルマス広場。



DSCF7121-1.jpg

気に入った路地+わんこ

Enviar un comentario

Secret

Profile

kimamatabi

Author:kimamatabi
旅のあしあと

【2009年 夏】 
モンゴルで自然の中で野生的な生活をして少し生命力が上がる。
モンゴル相撲で小学生にぼろ負け。人生は初の野ぐそ体験。

【2010 冬】
タイで憧れのバックパッカーデビューを果たす。
相方のたつろーとともに数々の初体験をこなしバックパッカーとしてのレベルを上げる。旅の魅力にとりつかれる。

【2010 春】
一年間の海外留学INカナダ
世界中にお友達を作るため海を渡って海外生活。
大きく価値観が揺さぶられる刺激のある毎日を過ごす。

【2010 冬】
カナダの学校を卒業後、南米6カ国を放浪。
2ヶ月という期間の自己新記録の一人旅。
冒険心を燃やし数々のネタをこしらえる。


【2011年 夏】
湘南から無一文で富士山のテッペンを目指す「富士バカ」に参戦!バカな仲間と一緒に全員で登頂を達成!

【2011 夏 9月】
インドへ乗り込む。ペテン師大国インドで力試し。拉致体験。ヨガ体験。超刺激的インドで喜怒哀楽爆発。



たった一度の人生をオモシロク生きたい
そうだ、旅でもしてみよう。

旅は学校。大切なことを確認できる時もあれば、考えを見つめ直すこともある。

旅は出会い。人の数だけ人生がある。いろんな人生を知る度にこれから歩む自分の道に思いを巡らす。

旅はネタ。世界はツッコミどころに満ちている。オモシロオカシク。いつまでもバカになれる男になりたい。一生青春。



「バカ」なことをたくさんしたい。





感想・意見はこちらから!
atsuki051139@gmail.com
人気ブログランキングへ

Category
FC2 Counter
つぶやき
☆☆☆☆旅人おすすめ文庫☆☆☆☆

WORLD JOURNEY

新品価格
¥1,470から
(2010/11/20 11:54時点)

☆この本を手にとって旅にチャレンジしたいと思った自分の中の衝撃作!世界一周してみたくなります。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

新品価格
¥420から
(2010/11/20 12:00時点)

☆旅の魅力をこれほど鮮やかに言語化できる人おらんでしょ?!バックパッカー必見本!

人生の地図

新品価格
¥1,470から
(2010/11/20 12:02時点)

☆心に響く言葉がたくさん!人生の突破口が開ける脳ミソにズカンとくる一冊

アジアン・ジャパニーズ

中古価格
¥1から
(2010/11/20 12:03時点)

☆90年代バックパッカー達は何を思い旅に出たのか!?ガムシャラに生き抜いた旅人の人間ドラマがここに!

感動が共感に変わる!

新品価格
¥1,470から
(2010/11/20 12:20時点)

☆地球探検隊・中村隊長の著書。隊長と地球探検隊の魅力が満載。夢を見つけて成功する秘訣とは・・・

インドなんて二度と行くか!ボケ!!―…でもまた行きたいかも

新品価格
¥1,260から
(2010/11/20 12:30時点)

☆秀逸した笑いのセンス。これほど笑った旅行記はない。楽しく旅する秘訣はネタに走ることだと教えてくれた一冊。      ☆二十歳の大学生の視点が自分と重なり新鮮だった!真っ直ぐな思いが胸に突き刺さる。自分と同じくらいの年でしっかりと目的意識を持って旅をしていることに大いに刺激された1冊。大学生のみなさん、必見ですよー!